So-net無料ブログ作成
検索選択

ファンタシースターオンライン2 ~はじまりゆく時の彼方に~ [ファンタシースター]

エクセラです。

またしばらくご無沙汰しております。
前回の記事から4ヶ月、季節も初夏へと移り変わり、時間が経つのが早く感じます。

相変わらず、私はリアルタイムに記事を書くのは苦手で、あとから前の事を書くスタイルから抜け出せませんが、書きたいことは色々とあったりしますので、時間を遡った話題となってしまいますが、忘れないうちに綴っていきたいと思います。

前回の記事に引き続き、PSO2の話題です。
(ここからは少しリアルタイムな内容です。)

4月から5月にはPSO2のサービス形態(ゲームダウンロード無料、PC、PS Vita、スマートフォンのクロスプラットフォーム)や課金形式(基本無料、アイテム課金)が発表され、ユーザーの間では賛否両論となっておりました。

とりわけ、課金形式については非難が集中しておりましたが、このほどPSO2の公式ポータルサイトでプレイ料金の告知がされました。

http://phantasystar.sega.jp/psportal/notice/20120608_02/

上記の内容を見る限りでは、基本のPLAY料金で比較すれば、現在のPSUの課金と近い感じですが、PSO2だと基本無料の範囲では、キャラクターが1人しか作れず、キャラクターの追加に500AC(500円)もかかることや、マグの追加についても同様(現在のところ、料金の記載はないようです)なので、以前のPSOの月額制からすると割高で、また不自由さを感じる方もいらっしゃると思います。

PSO2からはSHIPごとにサーバーが分かれることになり、SHIP上に作成したキャラクターは基本、別のSHIPに移動させることが出来ないため(ゆくゆくは有料で移住を可能にするようではありますが)、知り合いの方と一緒に遊ぶ場合は同じSHIPにキャラクターを作成することになります。
複数の知り合いの方が必ずしも、同じSHIPを選ぶわけではないので、その場合、追加でキャラクターを作る必要が出てきますね…。

懸念することはありますが、私としては、PSO生誕10周年の節目での新たなPSOシリーズの幕開けに期待を寄せ、サービス開始の日を心待ちにしたいと思います。

以前の記事(Re-birth)でも書きましたが、

”オンラインゲームの世界のあり方を方向付けるのは、最終的にはユーザーに委ねられるのですから。”

課金のことにとらわれすぎず、そして、周りのペースを気にして生き急がず、ゲームの世界に降り立ったら、ゆとりを持って、純粋にゲームの世界を楽しみたいですね。

PSO2では、PSOBBと同じくチーム(ギルド)を作ることができますが、純粋にゲームの世界を楽しむチームを作りたいと考えています。

私は今まで、PSOBB、FF11、GNOなどで、いろいろなチームに属し、それぞれのチームメンバーの方と接してきました。その時の経験を生かし、チームを通じて、PSO2の中でのユーザーコミュニティの形成に貢献できないか、模索中です。

PSOやFF11をはじめた時のわくわくした気持ちを忘れないように、もう一度、初心に戻ってみます。


さて、少しと言いつつ長くなりましたが、ここからは前回の「ファンタシースターオンライン2 α2テスト」の補足記事です。

PSO2 α2テストでは、「Neo Exia(ネオ イクシア)」をメインのキャラクターとして作成し、参加しておりましたが、応募していたα2テストの参加権を2つ取得できたこともあり、もう一つのSEGA IDの方で、オンラインでの私を構成する、もう一人のキャラクターも作成してみました。

もう一人のキャラクターとは、「Phirament(フィラメント)」です。

前回の記事で

”PSUでの私の名前「エクセラ」で呼ばれた時、違和感を感じました。”
”「エクセラ」と呼ばれても、すごく他人のことのように思えてしまいます。”

と書きましたが、

私の場合、オンラインでのキャラクターの名前ごとに物事の捉え方が微妙に違い(根っこは同じなので、まったく別の考え方は持ちませんが)、時折、違和感を感じることはあります。

私は以前は、「ラフィ」という呼び名で活動し、それが「フィラ」に変わり、今では当ブログを含め、「エクセラ」が定着しています。

ただ、PSO2で改めて「Neo Exia(ネオ イクシア)」として降り立った際、PSO、PSOBBで「Neo Exia(ネオ イクシア)」で活動していた頃の記憶が呼び覚まされてしまい、違和感を感じたようでした。

※当時はハンドル名とキャラクターをセットで使っていました。
※ハンドル名がラフィ、キャラクターが「Neo Exia(ネオ イクシア)」

過去の記事、「過去と未来が交錯する場所 ~ラグオルへの帰還  ネオ イクシア再び~」はその続きを書いておりませんが、上記に関連する話がありますので、今さらとなりますが、近いうちに記事で掲載します。

ちなみにPSO2では、キャラクター名の他に最初にプレイヤーIDを設定する必要があります。
上記で言えば、プレイヤーIDが「ラフィ」、キャラクター名が「Neo Exia」となりますね。
キャラクター名はPSO、PSUと同じく、他の人と同じ名前も使えるのですが、プレイヤーIDは他の人と重複できない仕様になっていて、今回、プレイヤーIDとして、「フィラメント」を使おうと思ったのですが、既に他の人が取得されていて、使うことは出来ませんでした。

私以外に「フィラメント」を名前に使う人ってどんな方だろうと少々興味があったりします。

私の場合だと、「フィラメント」は過去の名前の文字を組み合わせたアナグラムで、「記憶の糸をたぐり、撚り合わせる」の意味を持たせています。

なんとなく、ふと、「フィラメント」をネットで調べてみると、興味深いものを見つけました。

ファッションブランド PHILAMENT(フィラメント)
http://www.bornfreegroup.jp/SHOP/568844/603715/list.html

「ラテン語の糸・フィラム(filum)を語源に持つ、糸の束 = フィラメント(filament)。デザイナー曰く、この物理的用語に、あえて心を表す(ph-)を冠に加えることで、同音のまま、フィラメント(philament)と命名したとのこと。」

私とは途中の文字(LかRか)が違いますが、頭文字を” fi ”ではなく” phi ”とされていることに「ふむふむ」、「そうそう」と頷いてしまいました。


さて、PSO2での「Phirament(フィラメント)」に話を戻しますが、FF11の時の髪型、髪色、雰囲気のイメージでキャラメイク、FF11のフィラはお姉さん風でしたので、そんな感じでまとめてみました。

PSO2_alpha2-6.jpg
PSO2_alpha2-7.jpg


その後はPLAYする際の名前云々の難しいことはあまり考えないようにし、「Neo Exia(ネオ イクシア)」はハンター、「Phirament(フィラメント)」はフォースで、α2テスト期間中になんとか職業レベルを10まで上げることができました。(10まで上げると、クローズドベータの参加権がもらえるので)

今までのPSO、PSU以上に、ハンター、フォースでそれぞれ戦い方が異なり、また、ジャンプアクションや緊急回避、回復アイテム使用時のモーションなども加わって、戦闘がよりバリエーションの富んだものとなっておりましたので、各フィールドのエネミーと戦うだけでも楽しかったです。

特にフォースはPSゼロの戦闘システムが取り入れられ、強力な攻撃魔法、回復魔法を使うためには溜め動作(ボタン長押し)が必要となった為、中級者寄りな操作系に感じました。

その他、PSO2のα2テストの風景
PSO2_alpha2-9.jpg
PSO2_alpha2-11.jpg
PSO2_alpha2-12.jpg
PSO2_alpha2-13.jpg
PSO2_alpha2-14.jpg
PSO2_alpha2-16.jpg
PSO2_alpha2-18.jpg

おまけ

実はPSO2 α2テストで「エクセラ」も作ってみました。
PSUと同じく、キャストにしたかったのですが、PSO2のキャストはどうもキャラメイクのパーツがイメージに合わず、最終的にPSOBBの時のエクセラ(人)のイメージでまとめてみました。

職業はレンジャーにしましたが、結局のところ、キャラメイクだけでα2テスト期間が終了してしまい、陽の目を見ずでした。次回以降のテストで登場できるといいのですが…。

PSO2_alpha2-5.jpg

ちなみにPSOBBの時のエクセラさん(この時は控え目な人でしたが)
PSOBB_excella2.jpg
PSOBB_excella1.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。